お香典のお返し。
いざ、準備を始めようとしても一体何から手を付ければいいのかお困りの方も多いかと思います。芳名録などを見て途方に暮れる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、一つ一つ順序立てて進めていくと案外スムーズにできるものです。私共、プロの進め方をご参考になさってください。


 
1.芳名録などからお香典返し一覧リストを作成する。
 まずはここから始めます。パソコンをご利用の方はエクセルでの作業が後々の並べ替え作業等で大変便利かと思います。


 ・エクセルをご利用のお客様はダウンロードしてご利用ください。
 ・手書きのお客様はプリントアウトしてご利用ください。(pdf)

 お名前、ご住所、電話番号、香典金額、生花・供物の有無、お見舞いの有無を書きだします。まだ商品のことは一切考えません。エクセルをご利用の場合はこの段階で「香典金額別」に並べ替えます。
住所は番地が分からなかったりすることも多いかと存じます。しかし、番地が分からない場合にその都度調べていると、先に進みません。ここではわからない番地を調べるのは後回しにします。全て記入が終了した時点で、番地不明のみ集め、不明分は追ってまとめて調べます。

  

2.お品物を選ぶ 。    
 お香典返しの金額に応じ 
6〜9段階に分けてお品物を選びます。(例:3千円未満、3〜5千円、5千円、1万円、1万5千円、2万円、2万5千円、3万円、それ以上)
 それぞれのランクに応じたお品物を選定します。多くの地域では頂いた金額の半額を目安にお返しをしますが、お亡くなりになられた方の続柄や地域などで異なる場合もございます。1/3を下回ると失礼にあたります。また、故人様がお亡くなりになったことで、今後ご縁が切れてしまう間柄の方へのお返しには全額お返ししたりすることもあります。つまり、多すぎるお返しは逆に失礼になる場合もあります。


3.ここまでお品物選定ができましたら、次は「生花・供物」「お見舞い」などを考慮して、それらのお世話になった方々に対しては、先のお品物よりワンランク上のお品物を選ぶようにします。また、「生花・供物」「お見舞い」を頂いた先様へのお品物には、「生花ありがとうございました」「供物ありがとうございました」「お見舞いありがとうございました」というメッセージカードを添付いたしますので、リスト作成時に「生花・供物・見舞」の記入をお願い致します。



4.ご挨拶状の準備
 ご挨拶状の準備です。
ご挨拶状申込用紙をプリントアウトしてご利用の頂くか、あるいは「買い物カート」にもご挨拶状作製欄がございますので、そちらへ必要事項をご記載頂いても結構です。
ご挨拶状の依頼をもとに、一度原稿を作成致します。間違いがないか確認がとれた段階で印刷に掛かります。


5.商品も決まり、ご挨拶状の段取りも済み商品の注文も終わった頃からは、送付先の住所が判明していないお宅を調べましょう。



6.のし掛け、包装加工、ご挨拶状の準備などの加工作業が多岐にわたるため、ご注文を頂いてからお品物の発送まで通常約10日〜14日掛かります。早い目のご準備・ご注文をお勧めいたします。

 


   
 

 

営業日カレンダー

2021年4月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2021年5月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
色が付いている日はお休みをいただいていますが、基本的には不定休です。
メールやFAXでのお問い合わせには休日は関係なく、3営業日以内にご返答をいたします。
電話でのお問い合わせいただいた場合、不在や電話に出られないこともございますが、その場合には折り返しご連絡させていただきますので、ご連絡を留守番電話にお入れ下さい。

モバイルショップ